CELブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 英単語REVIEW --- labor

<<   作成日時 : 2008/01/06 09:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。
CEL英語ソリューションズ最高教育責任者の江口裕之です。

英検1級や通訳ガイド試験突破を目指されている方のために、ちょっとしたCOFFEE BREAKという感覚で読んでいただきたい単語力増強のコラムをシリーズでお届けしています。

今回はlaborをREVIEWしましょう。

labor (n.) の基本語義は「労働」で、physical labor (肉体労働)、manual labor (手仕事)のような使い方になります。さらに、「労働力」という意味にもなり、labor and management (労使=労働者と雇用者)のような使い方もあります。さて、hard laborというと2つの全く異なる意味があります。考えてください。

1つは「(特に懲罰の)重労働」の意味、もう1つは「難産」という意味です。laborには「出産/分娩/陣痛」という意味もあるんです。

laborには動詞用法もありますが、形容詞の用例が多いですね。labor disputes (労働争議)やlabor shortage (労働力不足)などが代表例です。他に例を考えてみてくださいね。

さて、ここからが応用ですが、laborから派生したお馴染みの単語がいくつかあります。あまり意識したことはないかもしれませんが、laborious、elaborate、collaborateはいずれもlaborが語源です。laborから発想するとこれらの単語のイメージも沸きやすくなりますよね。最後に次の文章の意味を考えてください。

(ex.1) Manufacturing any kind of traditional instrument is laborious work.

(ex.2) The lavishly colored kimonos have elaborate designs of flowers or other objects from nature such as cranes or butterflies.

(ex.3) The college collaborated with educators at other universities and institutes to develop a new education program.

●訳例
(ex.1) 伝統楽器の製造はどんな種類であれ骨の折れる仕事だ。
(ex.2) それらの贅沢に彩られた着物は、花や、鶴や蝶のような他の自然物を模した凝ったデザインが施してある。
(ex.3) その大学は他の大学や研究機関で働く教育者と協力して新しい教育プログラムを開発した。

では、また次回をお楽しみに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
英単語REVIEW --- labor CELブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる