CELブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 英単語REVIEW --- compromise

<<   作成日時 : 2008/01/04 20:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新年あけましておめでとうございます。
CEL英語ソリューションズ最高教育責任者の江口裕之です。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、2008年も明けまして、今年は英検1級や通訳ガイドの資格を絶対取得!と張り切っておられる方も多いと思います。試験合格には何といっても単語力の増強が大切ですね。

そこで、このシリーズでは、試験に出そうな英単語を1つピックアップし、一言コメントを掲載していきます。興味のある方はぜひご一読ください。皆さんがご存知の単語でも何か新発見があるかもしれませんよ。

まず初回はcompromiseをREVIEWしましょう。

compromiseは名詞で「妥協」「譲歩」という意味がありますが、その語源はcom-(共同の)+ promise(約束)で、「共同の約束」という基本語義になります。語源から入ると覚えやすいですね。

自動詞で用いる場合、前置詞にwith〜を伴い「〜と妥協する」「〜に譲歩する」という意味になります。

(ex.) The country has compromised with the U.S. over many international issues.
「その国は、多くの国際問題に関して米国に譲歩した。」

さて、他動詞のcompromiseですが、次の文章におけるcompromiseはどのような意味でしょう?

(ex.) He compromised the credibility of our organization.

意外とこの意味を知らない人が多いのですが、compromiseの他動詞には「〜を危うくする」「〜を傷つける」「〜を汚す」という意味があります。この文章は「彼はわが組織の信頼性を危うくした」という意味になります。

もちろん、名詞用法にも「(名誉・評判・信用などを)危うくすること」という語義がありますので辞書でチェックしてみてください。

では、また次回をお楽しみに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
英単語REVIEW --- compromise CELブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる